アンチエイジングを考えるためには老化について知る

アンチエイジングを考えるには、まず一番の大敵である老化がなんなのか知る必要が有るでしょう。老ける、老化ということはつまりどういうことなのか、老化がなぜ起きるのか、その原因を知ることがアンチエイジングを考えることにもつながります。

大敵である老化がなんなのかその正体を知る

アンチはやっつけるとか嫌うといった意味がありますがエイジングをアンチする、つまり老けないようにするというわけです。老化という大敵に立ち向かうためには敵のことをよく知る必要が有るでしょう。

敵のことを知らずして戦いなどできないのです。敵のことを知っているからこそ攻略法を考えることもできますし対処することもできると言えるでしょう。

何も知識もないのにも関わらずただ若くいられる方法を調べたり、老けない方法を調べていてもそれでは意味がないことはわかりますか?

老化についてあれこれ対策を立てるならまず最初にすべきことは、老化がなぜ起きているのか、そして原因となることはあるのか、それを知るところから始めるべきなのです。

それができなければ何も進みませんし、色々と効果のあることを試したとしても効果的に働かないのです。

老化のメカニズムは一つではないのです

老化のメカニズム、それは1つではありません。実は様々なことが重なって起きているのです。今メインとして考えられていることは5つあります。

一つ目はテロメアの不足です。テロメアは細胞の寿命を長くする働きがあります。そしてホルモンレベルの低下、ホルモンが若く保ってくれているのですがその低下が考えられます。

炎症によってダメージが起きていることも原因の一つで、あとは酸化によってフリーラジカルダメージが与えられている可能性もあります。糖化を防ぐことも大切です。

こうした老化の原因そのものに働きかけること、それが効果を予防して効果に打ち勝つことにつながるでしょう。

様々な方法が世の中にありますが、老化は一つの原因だけで起きているわけではありませんので、こうした様々な原因そのものに働きかける必要が有るでしょう。

つまり、これだけやっていればいいというこれ1つということではなくて、様々な原因へのアプローチが大事ということになります。