アンチエイジングを考えるときは脳の活性かも考える

老化を防ぐ方法、それは色々と有り、化粧品を使ったり、肌に良いことをしたりしている人は多いでしょう。そういったこと以外の目線からアンチエイジングを考えたことはありますか?

実はアンチエイジングのためには脳を最大限使うことも大事だったのです。

アメリカで行われた研究の結果からわかったこと

アメリカで行われた研究がありますが、その研究からわかったことがあります。それは脳とアンチエイジングの関係についてです。60代の男性と女性を集め、20歳前後の青春時代のような街を再現したそうです。

そしてその街で数週間暮らしたのですが、そこでなにか変化が有るかどうかを見るという研究でした。この研究では心理的なことだけでなく見た目にも影響が出たと結果から言われています。自分たちが青春だった時代の街で数週間過ごした60代の男女たちは見た目にとても若々しくなったといいます。

肌の状態を調べてみるとハリも艶も水分量なども増えて、この研究を始める前に比べると10歳は若返ったと言われているのです。10歳もただ環境が変わっただけで若返るなんて素晴らしいことですよね。なぜ今回環境だけで若返ることができたのか、その研究結果の考察を見てみましょう。

研究結果の考察からわかったことは脳が影響している

研究結果から単純に環境が良いのではなくて、脳が影響しているということが分かりました。青春時代みたいな生活をすることで、気持ちが青春時代に戻ります。そして体も肌の状態もその気持ちの状態に近づこうとして若返ったのではないかと言われているのです。
心を若く保てば、体も自然と若く保てることを証明した形になりました。つまり心は脳によって支配されている部分もありますので、やはり脳を活性化させることが、若返りにもつながるのではないかというのです。

脳を使えば使うほどに若返るということの証明になりました。様々な方法で老化を予防することができますが、脳を活性化させることが実は老化予防の近道だったのです。

使わなければ衰えてしまい、それは脳の衰えだけでなく、体全体の、つまり肌などの衰えにもつながります。ですから、脳を衰えさせないように活性化させることが若返りにも影響を与えることになるのです。

脳を使わない人は、使うことから老化防止を始めましょう。